立入禁止区域アラートを設定できるジオフェンストラッカー

ジオフェンスアラート

お子さんが特定のエリアに立ち入った場合に通知が届きます。

Spyicを使えば、立入可能エリアを設定することができます。相手が立入禁止エリアの境界線を越えた場合、あなたにアラートが届きます。

  • 相手のデバイスに立入禁止エリアを設定
  • 相手が立入禁止エリアに出たり入ったりした場合に通知が届きます。
  • 立入時刻に基づき履歴を表示します。

Spyicジオフェンストラッカーを利用するための3ステップ

無料登録

Spyicへの無料登録は簡単。メールアドレスとパスワードだけで1分以内に終わります。

Spyicをインストール

追跡したいデバイスにアプリをインストールします。

位置情報の分析開始

これで、相手が特定の場所を訪れていないか監視できるようになりました。

サインアップすることによって、以下の条項に同意することになります。 プライバシーポリシー

ライブデモをチェック

ジオフェンスアラート機能の使い方

geofence alert

アカウント登録と相手のデバイス上での設定が終われば、ジオフェンスアラートを使うことができます。使い方は簡単です。自分のデバイスからコントロールパネルを開き、立入禁止エリアを設定してください。特定のスポットを中心に設定することもできます。

その後、設定した立入禁止エリアに基づいてアラートを設定し、相手の居場所を通知することができます。これで、相手が望ましくない場所を訪れた時に、直ちに判明します。シンプルでわかりやすい通知となっています。

さらに禁止エリアや許可エリアへの訪問頻度や立入日時もご覧いただけます。

これらの機能をご利用いただくには、相手のスマホやタブレットを手に取ってインストールしていただく必要があります。通常、短時間で終わります。

相手のスマートフォンをroot化したりジェイルブレイクする必要はありますか?

不要です。この機能はGPSやWifiを用いて動作するため、ジェイルブレイクやroot化せずにご利用いただけます。

隠密な動作

Spyicはバックグラウンドで動作します。相手のデバイスのバッテリーを消耗したり、動作を重くすることもありません。さらにアプリのアイコンを削除できるので、相手に気づかれるおそれはありません。

Spyicアプリを使うメリット

相手の安全を守り、リスクから遠ざけたい場合、ジオフェンスアラート機能は非常に有効な手段となります。例えばお子さんの居場所を確認したり、望ましくない場所に行っていないか確認できます。また、学校にいるはずの時間に妙な場所にいないかを確認するためにも最適です。

従業員の行動をチェックする用途にも適しています。いるはずの場所にいるかどうかを確認できます。特に、従業員が車で様々な場所へ移動するような場合に、しかるべき道筋でしかるべき場所にいるかをチェックするのに最適です。

相手の居場所を確認するために、Spyicアプリは非常に有効です。位置を追跡し、居場所を把握できます。

関連記事

スマホトラッキングアプリ。登録は無料です。

サインアップすることによって、以下の条項に同意することになります。 プライバシーポリシー

ライブデモをチェック