Spyic 返金規定

Spyicツールおよび関連サービスの購入はすべて、本返金規定の適用対象となります。

注文前に、本規定の記載事項をよく読んで検討してください。Spyicの顧客としてのあなたの権利及び特権は、除外事項及び制限とともに本規定に記載されています。

取引の一般用語

当社のサービスの購入後に苦情がある場合は、顧客として、当社カスタマーケアに連絡してください。お客様の苦情をサポートセンターに連絡し改善措置をとるのが弊社の標準的な苦情処理手続です。あなたの苦情が契約条件の対象とならない場合は、カスタマーケアによる検討を経た後でなければ返金手続きは行われません。

お客様からの苦情はサポートセンターで問題なく解決され、返金手続は会費される場合が殆どです。サポートセンターは次のメールアドレスにご連絡ください: support(AT)spyic.com(ATを@に置き換えてください)。

払戻条件

全ての返金請求は本返金規定が適用されます。返金条件を満たす場合、購入日から30日以内に返金処理が完了します。但し、あなたの返金請求は以下の諸条件を充たしている必要があります。:

• 返金請求は、取引日から3日以内に行われる必要があります。

• 返金は考慮のため一度のみ予定されています。その後の購入の場合は、同一の取引に対して別の返金はできません。

• 別個の注文で追加のサブスクリプションを購入した場合、返金は行われません。

• ユーザーのデバイスをアップグレードする必要があることを理由とする返金は認められません。オペレーティングシステムをアップグレードすることで問題を解決できる場合は、Spyicソフトウェアを再インストールする必要があります。

完全にSpyicの支配の及ばない理由による返金はできません。これには以下の場合が含まれ、以下の場合に限定されません。:

• ユーザーがSpyicソフトウェアと互換性のあるデバイスを使用できないこと。Windows Phone、Blackberry 10、Symbian Belle、Badaはサポート対象外です。これは、Spyicソフトウェア互換性ポリシーの規約が適用されます。

• インターネット接続の切断またはユーザのインターネットサービスプロバイダーの接続の中断によるソフトウェアアクセスの失敗

• ユーザーがデバイスをリセットし、またはオペレーティングシステムを更新した結果としてのソフトウェアアクセス障害

• ターゲットデバイスがユーザーによって所有されていない、あるいは、ユーザーがターゲットデバイスの所有者からSpyicソフトウェアをインストールすることへの同意を得ていない

• ターゲットデバイスに物理的にアクセスできなかった

• ターゲットデバイスのパスワードを紛失した、またはSpyicソフトウェアのホストであるデバイスへのアクセスができない

• ユーザーの住所の変更、ローミングの非互換性、またはファイアウォールによって、ユーザーがSpyicサブスクリプションにアクセスできなくなった

• インターネットサービスプロバイダの変更によって、ユーザーのデバイスがインターネットに接続できなくなった

• ローミング関連の問題が生じた結果、ユーザーのデバイスのインターネット接続状態が悪化した

• 通信事業者の事業者変更または企業合併により、ユーザーのデバイスのインターネット接続状態が悪化した

• 携帯電話契約の未払いまたは契約アカウントの残高不足により、ユーザーがデバイス機能にアクセスできない

• ユーザーがターゲットの電話機にSpyicを再インストールすることを拒否した。

• ユーザーのデバイスの設定が工場出荷時の状態に戻された

• ターゲットデバイスのオペレーティングシステムの更新

• ユーザーが、当社のウェブサイト記載または当社のサポートセンターのスタッフから説明を受けたSpyicのセットアップガイドラインに従わなかった

• Spyicソフトウェアのインストール前にデバイスに保存されたデータを受信できなかった

• 1デバイス用のプランの購入後、ユーザーが複数のデバイスにSpyicソフトウェアをインストールした結果として接続またはサービスが中断された

• 「もうSpyicソフトウェアを使用したくない」、「もうソフトウェアを使用しない」、「気が変わった」、「誤って購入した」等の個人的な理由

• ユーザーのデバイス上の他のソフトウェアまたはウイルス対策プログラムによりSpyicソフトウェアが損傷した

• ユーザーのiCloud認証またはバックアップの失敗

• ユーザーのデバイスでのiCloudバックアップの失敗

• ユーザーのWIFI接続の失敗またはアクセスの喪失

• ユーザーのiOS、Androidデバイス、またはiCloudストレージのバックアップ用に十分なスペースがない

• ターゲットデバイスで2段階認証が有効であり、ユーザーがこれを無効にできないまたは無効にしたくない

• ユーザーがAndroidデバイスをroot化できない又はroot化を行いたくないために、Spyicアプリの高度な機能(WhatsApp、Facebook、Skype、Viberの監視など)が利用できない

サブスクリプション延長は返金できません。

払戻手続

返金請求書をSpyic宛にsupport(AT)spyic.com(ATを@に置き換えてください)まで送信してください。7営業日以内に対応します。

支払拒否の効果

当社のサービスに対するユーザーのクレジットカードによる支払またはその他の支払が支払拒否された場合、当社はユーザーのアカウントを一時停止する権利を有します。ユーザーのサービスを復元するのは、全ての支払が完了した後です。サービスの再有効化はその後の弊社の判断で行われます。

2020.3.15版.